主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2016年放送分 » 頚椎症性脊髄症にモートン病、手足のしびれを感じたら疑ってみよう

頚椎症性脊髄症にモートン病、手足のしびれを感じたら疑ってみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

 

 

 

 

スポンサードリンク

普段はいている靴もしびれや痛みの原因に?

自分にあった靴というのはなかなか見つけにくい
今までにこの靴は足にとてもフィットする!
っていう靴に巡り合ったことがあるでしょうか?

 

 

 

足は正面から見てアーチを描いていると
足の状態がいいと言われている、そのため中敷きを
用いて足の状態を今よりいい状態に
しようとするにも、制作費は2万円程度かかる。

 

 

 

自分の足にあった靴なんていらないよ!
って言う人もきっといるかと思いますが
足のしびれが起き、思いもよらない病気を
患ってしまう可能性もあるのです。

 

 

 

ある女性の症例のケース
58歳の女性ですが、仕事はピアノ講師

 

 

 

2年前に手のしびれが出てきました、最初の異変は
両手にビリビリと電気が走る感覚

ですがしばらくしたらその感覚はなくなった

 

 

 

女性はこの症状が出て、思い当たることがあった
過去に椎間板ヘルニアを患っていたため
これが原因だ、って思ったのです。

 

 

 

しかし・・・その推測は外れて1ヶ月後には
1日中しびれるという状態になった
そしてピアノも弾けなくなった。

 

 

 

その後、手の感覚も感じなくなってきて
更に足にもしびれが出てきた
病院へ行く前には杖をついて歩かないと
歩けない状態でした。

 

 

 

病院での診断結果、頚椎症性脊髄症がわかった

椎間板ヘルニアが原因とばかり、女性は
思っていたのですが、場所が違っていた
頚椎、つまりクビに原因があったのです。

 

 

 

頚椎症性脊髄症というのは
頚椎の一部が骨で圧迫されて、神経が締め付けられ
そこからシビレや麻痺が起こってしまう

それが手だけではなく、足にも症状が出た。

 

 

 

女性はこれで症状がわかってよかった
頚椎症性脊髄症を患い悪化すると完治が困難に
なることもある、手術で圧迫している骨を
除去したとしてもしびれが残る可能性がある。

 

 

 

女性は放っておいた時間が長かったため
手術で骨を除去しても、軽いしびれが
現在も残っているそうです。

 

 

 

頚椎症性脊髄症になっていないかをチェックしよう
やり方は簡単で、それほど難しくはない
・椅子に座った状態でクビをゆっくり後ろにそらす
ここで手や足がしびれたら、骨が変形してる可能性が。

 

・手を前に伸ばし、グーパーを10秒繰り返す
これを20回以上できれば問題無しで、ポイントとして
指を完全に伸ばして強くグーを握る。

 

 

 

この2つのチェック法をやってみて
うまく出来ない場合は病院へ行ったほうが
いいかもしれませんね。

 

 

 

足の裏に感じたしびれ、その正体は・・・

47歳の女性が患った病、最初の症状は13年前
左足の裏にピリッとした痛みがはしった。

 

 

 

その後も同じようなしびれを時々感じていたが
特に問題がなかったので、ほうっておくことに
4年間が過ぎていった。

 

 

 

しかし痛みが段々とひどくなっていて
ようやく病院へ行くことに、そこで検査をし
わかったのは椎間板ヘルニアでした。

 

 

 

その後椎間板ヘルニアの治療を受けましたが
全く良くならなかった、病院を変えたりもしたが
変化はほとんどなかった・・・

 

 

 

ある日、コンサートへ行った時、立ち見でライブを
観戦していて、終了後自分の足で歩いて
帰れないという事態になった。

 

 

 

病院へ行っても、椎間板ヘルニアと言われ
治療をしても症状が全然良くならない
なので自分でインターネットを駆使して調べると
ある病が該当した。

 

 

 

本当の原因だったモートン病とは?

足の付根にある神経が圧迫や刺激を繰り返し受ける疾患
その痛みの範囲は狭く、神経腫が大きくなると
手術で取り除かないといけない。

 

 

 

疾患が初期の状態だと、対症療法で靴の中敷きを
敷いたりして様子見なんだそうです。

 

 

 

女性は手術を受けしびれから開放されました
原因として考えられたのが、足に合わない靴を
はいたり、つま先立ちの姿勢が長い、などです。

 

 

 

モートン病かも・・・というポイントとして
・足の裏の人差し指と中指の間と中指と薬指の間が
 しびれたりする

こういう場合は疑ってもいいかもしれません。

 

 

 

足のアーチを保つためのトレーニングというものがある
タオルギャザーという方法で、やり方は
1 タオル一枚床に敷いて、椅子に座って行う
2 かかとを床につけ、足の指を床からあげて
  タオルを自分の座っている方向に足の指で
  近づけていく、タオルをたぐり寄せるのです

これで足裏の筋肉や病気の予防にもなるとのこと。

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.