主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年放送分 » LH比の値も悪く、脳梗塞の危険も・・・チャンカワイ生活を改めないとまずいかも

LH比の値も悪く、脳梗塞の危険も・・・チャンカワイ生活を改めないとまずいかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6月22日放送の主治医が見つかる診療所、人間ドックSP

デブの病気のデパート、1位はチャンカワイさん

チャンカワイさんの食生活。
朝食はこういう感じ。
DSC_0629
続いては昼食。
DSC_0630
楽屋では奥さんの愛妻弁当を食べます。

 

 

 

そして夕食。
DSC_0633
赤いお鍋にはポトフが入っていました。
中身は、ソーセージ、キャベツ、セロリ、人参、ジャガイモです。
見ているだけですが、栄養バランスはとても
良かった印象があります。
でもどうして病気のデパートなんでしょうか・・・

 

 

 

その片鱗が見えました、奥さんがいない時の食事はこう
ある日の朝食
飛行機に乗る前に食べたんですが、つけそばと天ぷら
突然食が悪くなった、しかもわずか2分で間食(笑)
そして機内で焼きサバ寿司を食べてました。

 

 

 

福岡に到着して昼食、牛めしを平らげていました。
これで3食目です・・・・
おまけにカステラもその後食べました。

 

 

 

そして夕食はお好み焼き、これで5食目・・・
おまけにご飯と一緒にたべます、炭水化物×炭水化物
っていうやつですね、こりゃ太るわ。

 

 

 

そしてある日の休憩中、気持ちよさそうに一服。
1日1箱くらい吸っているんだとか。

 

 

 

糖質はお腹の滞在時間が短いようで、胃から腸に
すぐいってしまうので、また空腹となり炭水化物を欲してしまう。
悪循環ですね・・・

 

 

 

心臓の血管の石灰化とは

チャンカワイさんは、現在166㎝96キロという体型。
だけど10年前は60キロだったようです。
血液検査をすると、これだけ悪いところが・・・
DSC_0631
そこで特に危険だったという3つを挙げてみました
中性脂肪は150が標準ですが、212
超悪玉レムナントコレステロール、これは7.5が標準で15.2
LH比は標準が2.0ですが4.3

という事に、これはさすがにやばい・・・
LH比の数値というのはこういう感じに出しています。
DSC_0632
DSC_0628

 

 

 

動脈硬化を引き起こし、これが血管の石灰化につながる。
既にチャンカワイさんには起こっています
3d-ct検査で発覚。

 

 

 

冠動脈の辺りに石灰化が見つかり、もしこれが詰まると
心筋梗塞になる可能性が・・・
おまけに心臓に関する気になる問題が・・・

 

 

 

なんと電話をしているときだけでも息が上がると。
どれだけ石灰化が進行しているのかというと、血管の狭窄が65%以上で
手術をしないといけないんですが、チャンカワイさんは50%でした。

 

 

 

対処法としては、まず炭水化物を減らすこと。
せっかく奥さんが美味しい料理を作ってくれてるのに
外に出てあの食べ方はいけませんね~
チャンカワイさんはこれで終わりではありません。

 

 

 

もう一つの重大な問題が・・・脳の血管の異常

3D-CT検査で見つかりました。
脳の血管が細くなっていて、これも動脈硬化が原因です。
DSC_0634

 

 

 

脳の血管内は蛇行している感じになっていて、血液の
流れがよくないという結果に。
これが元で、小さな脳梗塞が起こると、記憶障害や
将来認知症になってしまう可能性が・・・・

 

 

 

今、記憶の方で少し問題があるようで自分が
仕切りの番組の台本を覚えられず忘れてしまうと。
もう危険ですねえ~
対処法は食生活の改善と減量、そして禁煙ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.