主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年放送分 » 90歳と87歳の医師に共通したのはタンパク質の摂取?名医の健康法

90歳と87歳の医師に共通したのはタンパク質の摂取?名医の健康法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年8月31日放送の主治医が見つかる診療所
今回は好評の名医に学ぶ健康法、第4弾となります。
名医がどういう健康法を実践しているのか気になりますよね。
大切なキーワードは健康寿命。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

90歳の現役医師の健康法

白髪克也先生、90歳の現役医師、健康長寿のカギは笑顔とスポーツ。
岡山県倉敷市にある白髪胃腸科内科小児科の院長です。
開院はもう50年にもなり
週5回きちんと診察をしています、元気ですよね。

 

 

 

白髪先生の健康長寿の秘密はどういうものでしょうか。
朝7時半に白髪先生の自宅へ伺う事に。
奥様と二人暮らし、そこで摂っていた朝食は

・目玉焼き
・めざし
ダシ醤油をかけたお餅2個
・ホットミルク
・茹でた大豆
・サクランボ

となっています。

 

 

 

特にめざしは大好物だそうです、そして固いんですが
しっかりと噛んで食べていました。
大豆も毎食30から40粒、1日100粒を目標に食べています。
タンパク質の他にも食物繊維も含まれています。
目玉焼きも黄身からたべます、消化吸収がいいから
半熟の黄身を先に食べると。

 

 

 

そして午前8時半に病院へ出勤。
午前の診療が終わり、その後昼食。
カップ麺と茹でた大豆です。
カップ麺とは驚きです、食べ終わった後は30分
時間がありますので、10分から15分昼寝

 

 

 

午後3時に診察再開。
午後6時に診察終了、講演会の話を聞いていたので
帰りは外で食事をすることに、ハンバーグ定食を食べました。

 

 

 

白髪先生は特にタンパク質を意識しています。
筋肉は生きるために必要ですし、タンパク質はその筋肉を
作る元ですからね。

 

 

 

帰宅して午後10時、鉄アレイで筋トレ、重さは4.5キロ。
リストカールを100回、手で上に鉄アレイを持ち上げ
動かす、これは80回やります。
50年間も続けているそうです、素晴らしいですね!
なので、タンパク質をたくさん摂っているんですね。

 

 

 

そしてスポーツもたくさんやられています。
野球や、弓道や剣道などなど、数えればきりがない。
とにかく運動が大好きなんです!

 

 

 

現在はまっているのはゴルフ、月に5回はプレイするそうです。
しかもプレイ中はカートを使わない、理由は歩くのが好きだから。
1回のラウンドで1万8千歩、歩いているそうです。
本当に元気な先生です・・・

 

 

 

今後の目標を白神先生に伺うと、大切に将来を
築いていかないといけない、患者さんを大切に
笑顔をもって、末永く診察していくことだそうです。

 

 

 

87歳の現役女医の健康法

井上清美先生、87歳の現役医師です、健康長寿のカギは
いつまでも持ち続ける好奇心。
医師歴は64年にもなります、週4日勤務医として働いています。

 

 

 

井上先生にはもう一つの顔が、看護師を目指す学生に
特別な授業をしています、学校の先生ですね。

 

 

 

特別な講義を行う理由は、相互向上が出来るからという気持ち。
強い向上心ですよね。

 

 

 

1日に密着。
朝五時に自宅に伺い、朝食の準備を
していたところです、朝ご飯のメニューは

・ステーキ!
・根菜の煮つけ
・雑穀米

となっています。

 

 

 

筋肉や骨の元となるたんぱく質を朝に摂る
90歳の医師と
同じですよね、やはりタンパク質は高齢者にとってとても重要。

それとおしゃれです、これも90歳の医師と同じ。
やっぱり細やかなところにも気を付けていますね。
なので外出もしたくなってくるようです。

 

 

 

また井上先生の趣味は海外旅行、15か国を
回ったそうです。
最近は大自然を求めてアフリカへ行くことも。

 

 

 

興味を持ったことには自分でやってみないと気が
済まない性格だそうです。
医師になろうと思ったのは小学生の時だとのこと。

 

 

 

その後当時は、女性で唯一の外科医になったり
子供が3人もいらっしゃる男性医師と結婚し、性格の
不一致で5年で離婚、そして45歳の時に井上医院を開院。

 

 

 

ですが80歳の時に引退をするため閉院をしました、ですが
やることがほとんどなくて、退屈してしまったのか
1か月で引退を撤回し、吉田病院に勤務医として働いています。
やはり患者さんが好きなんですね。

 

 

 

そして前の夫の娘さんがそばで一緒に働くことに。
両親の姿を見て、娘さんは医者を目指そうと思ったそうです。

 

 

 

午後8時、診察が終わって向かったところはバー。
そこで頼むのがブランデー、しかもロック・・・
お酒も強いんでしょうね。
今後の目標は、出来るだけ楽しく暮らしていきたいとのことです。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.