主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年放送分 » 解決スイッチ、dash食が高血圧を予防する!

解決スイッチ、dash食が高血圧を予防する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6月16日放送の解決スイッチ、今回の特集は高血圧予防。
どういう放送をしていたのか、見逃していましたら
ご覧ください。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

草野さんは秋津医院へ、秋津先生は草野さんに
高血圧予防は何が一番いいか?という質問をし草野さんは
減塩が一番の対策だと答えました。

 

 

 

これに間違いはないんですけど、他にもいい方法が
あると秋津先生はおっしゃいます、それは何かというと
DASH食というもの、どういう食事なんでしょうね。

 

 

 

その前に日本で高血圧に悩まされている人は3970万人も
いるというんです、70代になれば7割位の方は高血圧とも。
治療もせず放っておくと、心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などの原因に。

 

 

 

dash食というのは?

 

・D=Dietary(ダイエット)
・A=Approaches(寄せる)
・S=Stop(止める)
・H=Hypertension(高血圧)

 

高血圧を止める食事をしよう、という意味です。

 

 

 

まずは食事のバランスを守れば、好きな食事をしても
いいとのことなんです、下にある食材を多く摂取すると
いいんですね~
DSC_0615
脂肪の多いものを減らし、野菜と果物をふやすというもの。

 

 

 

バランスさえ守れば特別な減塩をしなくてもいいと。
そこで東尾理子さんと秋津先生はルミネにあるバイキング
レストラン、はーべすとルミネ池袋店。

 

 

 

dash食はアメリカが発祥なんですけど、今回は日本人にあった
dash食というのを秋津先生が選んでくれます。

 

 

 

dash食で大切なのは低脂肪高たんぱく、これは基本。
肉や魚を選べばいいんですけど、牛肉や豚肉は脂肪分が多いので
鶏肉や魚を選べば、脂肪分は抑えられます。
DSC_0616
次におすすめなのが豆類やナッツ類。
和食では納豆とかの豆類やごまを使った料理などがいいと。

 

 

 

最後に野菜や果物、これは先ほどの肉や魚、豆類以上
もしくは倍位の野菜や果物を摂るように、色の濃い野菜がいいと。
どうしてかというと、色の濃い野菜にはカリウムが含まれている。

 

 

 

カリウムとナトリウムは親戚のような関係。
ナトリウム(塩分)を余分に摂取してしまったとしても
そのぶん早く体外に排出させればいいんです。

 

 

 

カリウムというのは、ナトリウムを早く排出させる効果が
あると言われています、なので色の濃い野菜をたくさん摂りましょう。
カリウムが多く含まれている野菜はこちら。
DSC_0617
炭水化物なんですが、最近は糖質制限ダイエットみたいなのが
流行っていますけど全く食べないのはダメです。
炭水化物は食べ過ぎなのがダメなだけで、身体には必要なものです。

 

 

 

雑穀を入れるのもいいです、玄米や大麦はミネラルなども
含まれていますし、噛む回数も増えることで満腹中枢も刺激します。
食べ過ぎを抑制できるので高血圧予防につながります。

 

 

 

そしてカルシウムの摂取、低脂肪の乳製品を摂るのがいいと。
カルシウムがなぜいいのかというと、血管を広げる作用があるから。
骨を丈夫にするというのはよくご存じだったと思いますが
まさか血管も広げる作用があるとは・・
乳製品以外では、サクラエビや魚、緑の濃い野菜にも含まれています。

 

 

 

また、マグネシウムの多い食材は
豆類、海藻類、魚などで、マグネシウムを多く摂ることで
血管を拡張するカルシウムの働きを助けてくれます。

 

 

 

食後のデザートですが、食べる量を多く摂るのもダメで
小鉢に入る程度のデザートを食べるのがベストだと。

 

 

 

魚の缶詰に入っているあの油が高血圧予防になる

続いてお茶の水へ移動して、dash食にプラスするといい食べ物を
見つけることに、そのお店は缶詰バーMr.Kansoというお店。

 

 

 

色々な缶詰がありますが、ここで選ぶ高血圧予防の缶詰は
魚の水煮缶、サバの水煮とかありますよね。

 

 

 

なぜ魚の水煮かというと、魚の油に注目したんですね。
魚の油には最近よく聞くDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が
含まれています、これらの成分は血管をしなやかにしてくれます。
缶詰って味付けはしなくても問題なし、結構味付いてますからね。

 

 

 

秋津先生おすすめのDHA・EPAを無駄なく摂る方法
魚の缶詰に水と一緒に入っている油にはDHAやEPAを含んだ油が浮いてます。
この水ごと野菜にかけたりすればEPAやDHAを無駄なく摂れると。
缶詰に残った水に、お酢などを入れてドレッシングにすると
食べやすいですね。

 

 

 

本日のまとめ

おさらいとなりますが

 

・脂肪分を減らし、野菜や果物を増やす
・緑の濃い野菜を食べる
・青魚の水煮で動脈硬化を防ぐ
・EPA・DHAが出ている汁も残さず使う

 

以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.