主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年放送分 » 萎縮性胃炎とピロリ菌が胃にいると、胃がんの発症率が10倍!?

萎縮性胃炎とピロリ菌が胃にいると、胃がんの発症率が10倍!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6月22日放送の主治医が見つかる診療所、人間ドックSP
芸能人に危険な病気が発覚、芸能人の方って忙しい人だと
人間ドックも行く暇なんてないですよね~
だけど、きちんといかないと大病を見落とすことも。

 

 

 

人間ドックに行ったのは5名の方々

・勝俣州和さん
・坂下千里子さん
・ヨネスケさん
・チャンカワイさん
・徳光正行さん

今回の人間ドックで問題が見つかったのは5名中5名。
つまり全員という事ですね(笑)

 

 

 

がんになる可能性が10倍の胃 5位は勝俣州和

勝俣さんの普段の食生活はどうなっているんでしょうか。
もう50歳なんですね、ジョギングをしたりしてるみたいですが
胃の調子がよくないと、朝ご飯はこんな感じ。
DSC_0623
別の日の朝食はこちら、築地で食べました、牡蠣のかんかん焼き
DSC_0624
更にある朝の運動、朝六時に近所の公園で
8キロから10キロはマラソン、だけど最初の2キロくらいは
ウォーキングをするようです、そのあとにラジオ体操。

 

 

 

ここまでは健康的な生活ですね、続いてある日の夕食。
シャンパンを飲んでたんですが、ペース早い(笑)
前菜だけで、3杯もグラスワインを平らげました。

 

 

 

勝俣さんは酒が強いようで、この日は

・シャンパン7杯
・赤ワイン4杯

飲まれました、よく飲みますね~

 

 

 

勝俣さんに見つかった病気は萎縮性胃炎とピロリ菌

思わぬ問題が次々と発覚したようです。
血液に関しては
中性脂肪値は150が基準値だけど、勝俣さんは163
超悪玉レムナントコレステロール値は7.5以下が基準だけど8.3

 

 

 

続いて胃カメラ検査
胃の内部が赤く斑点のようになっているのが萎縮性胃炎。
これが悪化すると胃がんを引き起こす可能性が・・・
更にピロリ菌も見つかりました、これは胃の壁を傷つける細菌。

 

 

 

この萎縮性胃炎とピロリ菌が合わさると、胃がんの発症率が
10倍にも跳ね上がると言われています。
これは恐ろしいですね・・・

 

 

 

ピロリ菌は生まれてから4歳くらいまでの間に
外のお水を飲んでしまうと、胃の中にすみつくようです。
大人になってからは感染しないようです。
口からの感染もありません、対処法は投薬治療で
ピロリ菌は治ります。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.