主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年放送分 » 腸の粘膜を増やすためにレンコンとさつまいもを食べよう

腸の粘膜を増やすためにレンコンとさつまいもを食べよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


8月17日放送の主治医が見つかる診療所、今回は夏の最新
免疫力アップSP、感染症を防いでがんを予防です。
続いては腸の粘膜について。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

粘膜バリアを強くして免疫力アップ 腸の粘膜

全身の免疫細胞の7割が腸に棲んでいると言われてます。
いわば免疫力の最後の砦とも言うべき場所だと思います。
ある野菜が腸の粘膜バリアを厚くしてくれるそうです。

 

 

 

徳島県徳島市へ。
その野菜というのはレンコン、新レンコンといい
夏に採られる野菜だそうです。
冬のレンコンより、柔らかくてアクが少ないそうです。

 

 

 

免疫力、風邪の予防にも効果あるそうです。
どうして新レンコンが・・・・

 

 

 

レンコンを詳しく研究している、埼玉医科大学の和合先生。
レンコンの何がいいのかというと、ムチンという成分。
レンコンを切ると、ねばっとし糸を引くことありますよね?あれがムチン。
このムチンという成分のねばねばが免疫力をアップさせてくれるそうです。

 

 

 

消化管はねばねばの粘膜で守られています、なので病原体が
入ってきても、胃酸で消滅できますが、O-157などは
胃酸にも負けず腸に侵入します。
その病原体をねばねばのムチンが捕え
そのまま体外へ排出させてくれます。

 

 

 

では、この新レンコンをどのようにして食べているのでしょうか?
瑞々しくアクがないので、まず薄く輪切りにして酢水につける。
漬ける時間は10秒でいいようです。
そこにツナ缶と胡麻ドレッシングを入れて出来上がり。
新レンコンのごま風味サラダです。

 

 

 

今度は新レンコンを縦切り、フライパンで豚肉を炒め(油なし)
そこへレンコンを投入、ピーマン人参もいれてました。
醤油とごまを入れ出来上がり、炒めるのは1分くらいで。
炒めすぎるとムチンがなくなってしまいます。
新レンコンのキンピラです。

 

 

 

これを食べて、農家さんは風邪をひかなくなったとか。
また便通がよくなったという人もいます。

 

 

 

毎日食べるのは大変です、そこで驚きの方法で食べている人がいます。
レンコン農家さんのお宅へお邪魔して見せてもらう事に。

 

 

 

なんとレンコンパウダーにして飲んでいるんです。
徳島ではちょっとずつ増えてきたそうです。
自家用だったんですが、健康効果が注目されて
最近ではスーパーなどで販売されているとのこと。

 

 

 

レンコンパウダー大さじ一杯に、砂糖を少し入れてお湯を入れる。
お湯の温度は70度程度がいいようです。

 

 

 

他にもレンコンパウダーは様々な料理に使えるようです。
一口大いきった野菜、豆腐をなべに入れてある程度
火が通ったところでレンコンパウダーを投入しだし汁を注ぐ。
そのあとも沸騰させないように注意、そこへ味噌を溶かして
レンコンパウダー入りの味噌汁が出来上がり。

 

 

 

他にも野菜の味噌炒め、サラダの上にかけたりするのも
ありました、そうめんのつゆにいれたり、ヨーグルトに
いれたりするのもありです。

 

 

 

レンコンパウダーの作り方

レンコンを2ミリから3ミリの厚さに切る、輪切り。
それから3日ほど天日干し。
乾燥したら、フードプロセッサーで細かく砕くと出来上がり。

 

 

 

ムチンと免疫力アップの関係

腸の壁、腸の粘膜、腸の粘液、という三層になっています。
腸の粘液はねばねばしていて、この主な成分がムチンです。
細菌やウイルスをやっつける抗体も含まれています。

 

 

 

そこへ細菌が侵入すると、この粘液が捕まえてくれて
侵入を防いでくれます、だけどこの粘液が少ないと
細菌が侵入しやすくなります。

 

 

 

なので、日ごろからこの粘液を厚くすることで
細菌から守る、ということです。
ムチンは腸にとっても大切な成分と言えますね。

 

 

 

漢方ではレンコンの実を使うそうです。
このレンコンの実の方が、ムチンの含有量が多いようです。

 

 

 

古い粘膜を便としてスムーズに排出するには?

どのようにすればいいんでしょうか?ある食材で排出させるようです。
文教大学へ向かい話を聞くことに、笠岡先生に伺います。
その食材はサツマイモ。

 

 

 

サツマイモの水溶性食物繊維、不溶性食物繊維この2種類の
食物繊維が含まれています、それとヤラピンという成分。
サツマイモを切った時に、白い液体が出てくるときありますね?
あれがヤラピンです。

 

 

 

腸の蠕動運動を促進し、便を排出しやすくなる。
また、ヤラピンは皮のそばにあるので、サツマイモは
皮ごと食べるのがいいと。

 

 

 

ある実験を。
18歳から22歳の大学生たちにサツマイモを食べてもらいました。

 

 

 

1週目は300gサツマイモを食べ、2週目は食べず、3週目は100gに減らし食べる。
そうしたら元々お通じのいい人は、便の量と回数が増えたり
しました、すでに1週目から便の量、回数が増えていたそうです。
排便量が増えているという事は、善玉菌が増えている証拠だそうです。

 

 

 

サツマイモはこれから食べるべきですね、便通をよくするためにも。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.