主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所のバックナンバー倉庫

健康備忘録というサイトで記していた、主治医が見つかる診療所の記事をこちらへ移動させたものです、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所のバックナンバー倉庫 » 2015年放送分 » 焼きバナナときなこでオリゴ糖をたっぷり摂れる!

焼きバナナときなこでオリゴ糖をたっぷり摂れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


主治医が見つかる診療所、腸内フローラのスペシャルを
やっていて、3つの項目で分けてまとめてみました。
オリゴ糖の特集からスタート。
オリゴ糖って、一般の方にきいてもなんとなく体に良いという感じ。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

1日に必要なオリゴ糖の量は?

そこで実践女子大学の学長、田島 眞先生に教えてもらいます。
オリゴ糖のスペシャリストという方。

 

 

 

善玉菌のビフィズス菌のえさとなり、そしてビフィズス菌を増やす。
だけど加齢によってビフィズス菌は減っていきます。
ビフィズス菌

 

 

 

だからオリゴ糖が注目されています、胃や小腸で消化されず
大腸まできちんと届いてくれて、ビフィズス菌のえさとなり
増やしてくれます。

 

 

 

血糖値もあがりにくく、カロリーも砂糖の半分という
優れた食品、1日のオリゴ糖の摂取量がこれ。
DSC_0526

 

 

 

オリゴ糖が含まれている食材とは?

だけどどういう食材にオリゴ糖が含まれているのか
ちょっとわからない所があります。
そこで先生と一緒にスーパーへ。

 

 

 

肉や魚にはほとんど含まれていないようです、多く
含まれているのは野菜
です、そこで見つけたのがごぼう!
ごぼうは食物繊維豊富、オリゴ糖も多いようです。

 

 

 

100gあたり3.6gも含まれています。
そして玉ねぎ、フルクトオリゴ糖が含まれています。
他にもニンニク、納豆。

 

 

 

そして果物はバナナ、はちみつ、エシャロットなども
オリゴ糖を比較的多く含まれています。

 

 

 

食材のオリゴ糖の各数値はこちらです。(すべて100gあたり)
・ごぼう 3.6g
・玉ねぎ 2.8g
・ニンニク 1g
・納豆 2g
・バナナ 0.3g
・はちみつ 1.5g
・エシャロット 2.8g

となっております、どれも100gたべるのは大変ですが・・・

 

 

 

調理次第でオリゴ糖の含有量が倍に!?

そして食材を購入して自宅へ、料理を作ってくれます。
まずはお米を準備、お米もオリゴ糖入ってます、100gあたり0.05g。
すると田島先生は、火にかけていたお湯をお米の入った炊飯器に入れました。

 

 

 

お米は40度から50度のお湯に1時間浸して温めると
米の中の酵素がでん粉を分解してくれるんです、それで
オリゴ糖の量が倍になるんだそうです。

 

 

 

ごぼうも同様で、同じ温度で5分くらいお湯の中に
ごぼうを浸けると倍に増えます。
また、イモ類などのでん粉を多く含む食品は温めるとオリゴ糖を
増やせると言われてます。

 

 

 

玉ねぎも焼くことによって、オリゴ糖の分子が細かくなり
腸内のビフィズス菌が食べやすくなるそうです。
例えばこのように調理してみても良いかもしれません。
DSC_0527

 

 

 

味噌汁にもオリゴ糖は含まれています。
大豆オリゴ糖はこれだけの優れもの!
大豆オリゴ糖

 

 

 

焼きバナナにきなこをかけるとオリゴ糖をたくさん摂れます!

食後のデザート、バナナを切り焼きました!
バナナを焼くと、オリゴ糖が増えるんだとか!
弱火で5分じっくり焼くこと。
バナナのでん粉が分解され、オリゴ糖が増えると。

 

 

 

そしてそこにきなこをかけます、きなこは大豆から
作られていますから、大豆オリゴ糖を摂取できます。
きなこは100gあたり、なんと7gも!
これは素晴らしい組み合わせですね!

 

 

 

ただし!摂りすぎには注意を!
摂取量や体質、体調によってお腹がゆるくなる場合があるので。

 

 

 

オリゴ糖は骨にもよく、カルシウムの腸からの吸収をオリゴ糖が
助けてくれるんです、ヨーグルトと一緒に食べると
骨にもいいので一石二鳥です。

 

 

 

更に南雲先生が言ってましたけど、オリゴ糖に含まれる野菜を
覚えるのってなかなか難しい、なので簡単に覚える方法として
植物は葉っぱで光合成を行ってブドウ糖を作る。

 

 

 

そのブドウ糖は根っこや果実、種の部分に運んで分解
されにくい形で貯蔵をします、これがオリゴ糖なんです。

 

 

 

なので葉物野菜という物には、オリゴ糖はなく
根っこの部分の、玉ねぎや長ネギ、ごぼう、人参。
種の部分はトウモロコシや米、大豆など。
これはわかりやすい説明だった!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー