昆布茶は唾液の分泌を促してくれて感染症の予防が期待できる

2015年8月17日放送の主治医が見つかる診療所、今回は夏の最新
免疫力アップSP、感染症を防いでがんを予防です。
夏バテ、という言葉があるようにこの季節はばててしまう事
多いのではないでしょうか、元気に生活するにはどうすればいいのでしょう?

 

 

 

粘膜バリアを強くして免疫力アップ 口の粘膜

筑波大学の歯科へ、武川先生曰くポイントは口の中を
しっとりさせる、つまり唾液の数を増やすことがポイントのよう。
粘膜バリアをより強力にしてくれます。

 

 

 

唾液の働きは
1 殺菌作用
2 洗浄作用(粘膜についた菌を洗い流す)

 

 

 

ですが夏の季節は粘膜バリアを弱らせるある問題が・・・
それは冷房で部屋が乾燥して、口の中が乾いたりすること。
夏って意外と口の中が乾きやすかったりします。

 

 

 

武川先生は、口の渇きを解消するには2つのポイントがあるといいます。
ある方の症例がこちら。

 

 

 

74歳男性、3年前から口の渇きに悩まされていたそうです。
夜中何度も眠れない位の口の渇き、長く話していると
乾いてくる、ベロや口がくっついてしまう、というようなことが
起こっていたそうです、風邪の初期症状
のようなものも。

 

 

 

ですが3年間様々な治療法を試しましたが、一向に良くならなかったそうです。
そこで武川医師の所にたどりつき、治療をしています。
2つのポイントという治療法はどういうものなのでしょうか?

 

 

 

1つ目は、粉末を入れお湯を入れました。
何の粉末かというと、昆布茶。
1日1杯飲み始めたら、口の渇きが改善されたそうです。
およそ三か月でしゃべれない位の状態がほぼ治ったとのこと。

 

 

 

どうして昆布茶なのかというと、うまみ成分グルタミン酸が含まれていて
唾液を分泌させるんです。

レモンや梅干しよりも効果があるようですよ。
塩分が気になる人は、昆布水でもいいとのこと。
1日1杯から2杯で。

 

 

 

2つ目はなにかというと・・マッサージ。
これは唾液を出すマッサージなんです、唾液を出す腺が3つあります。
舌下腺と耳下腺、顎下腺というのがあり、耳下腺と顎下腺は
自分で刺激することが出来るのです。

 

 

 

耳下腺は、あごの骨を優しく押すような感じで、顎下腺も
あごの骨の内側の辺りを軽く押します。

すぐ効果があるみたいですよ、さっきやってみたらすぐに
唾液が出てきました。
ちなみに唾液は1日に1.5リットル出るそうです。

 

 

 

丁先生は唾液を多く出すツボがあるといいます。
そのツボというのは、下関(げかん)という部分。
もみあげの少し前の辺りにあります、ここを押すと唾液が出やすくなると。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました