主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年放送分 » 急性大動脈解離を発症すると突然死もありえる?血管の石灰化が原因の一つ

急性大動脈解離を発症すると突然死もありえる?血管の石灰化が原因の一つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6月22日放送の主治医が見つかる診療所、人間ドックSP

突然死があるかもしれない 3位はヨネスケさん

ヨネスケさんの普段の食生活はこう。
ある日の朝食は、野菜ジュース。


ブロッコリー、トマトなどの野菜を混ぜ、ヨーグルトと
黒酢をミキサーで混ぜた野菜ジュースを毎朝2杯飲んでます。

 

 

 

続いては昼食。
この日は冷やし中華、1日1回は必ず麺を食べないと
ダメなんだそうです、おまけに違うお店の冷やし中華を
3つも買って、全部食べております。

 

 

 

続いて夕食
台湾料理店で、チンジャオロースや青菜いため
などの料理を食べてお酒を飲む。
1時間でジャスミンハイを10杯、飲みますね~
タバコも吸っています。
この日は結局午前3時まで飲んだそうです。
ヨネスケさんも徳光さんと同じく今年3月に離婚して独り身です(笑)

 

 

 

大動脈の石灰化で突然死のリスクが・・・

ヨネスケさんの血管年齢は95歳、実年齢は67歳ですから
約30歳も上ですね、そして重要な血管にダメージが・・
それが大動脈、大動脈はとっても重要な血管です。
DSC_0625

DSC_0626
血管の石灰化とは、動脈硬化がかなり進行した状態と言われてます。
動脈硬化の最終段階とも言われます。

 

 

 

おまけに腹部大動脈にも石灰化がいくつかありました。
こうなると血管がかたくなり、もろくなるので
突然血管が破れることも。

 

 

 

おまけにヨネスケさんは高血圧、降圧剤も飲んでいます。
10年前は上が180もあったんだとか。

 

 

 

この状態が続くと、急性大動脈解離を発症する可能性が。
また、発症してから24時間以内の死亡率は93%となっています。
ほとんどが助からないという事ですね。

 

 

 

対処法は
・血圧を下げる
・食生活の改善
・禁煙と節酒

をしましょうという事になりました。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.