主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年放送分 » 大腸がんは早期発見で完治も望めるがんと言われています

大腸がんは早期発見で完治も望めるがんと言われています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年2月23日放送の主治医が見つかる診療所、大腸がんの特集。
大腸がんは早期に発見すると極めて高い生存率が
あると言われています、だけど早期発見というのが
難しかったりするんですよね。
今回は早期発見や最新の検査をまとめました。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

60代女性の症例

53歳の時に大腸がんと診断、2度の手術をし人工肛門となり
ましたが、それからはがんの再発などもなく過ごしています。
では、前兆というのはなかったのか?

 

 

 

塾の講師をしていたこの女性、症状が出たのは大腸がんと
わかる1年前から、この頃に
・便秘がひどくなった
2日たっても出ず、3日目にようやく出るという感じ。
出ると出る状態が続くようで、便秘と下痢を繰り返してました。

 

 

 

この状態ではあまり気に留めなかったようです。
その思いを強くさせたのが、元々便秘がひどいという状態。

 

 

 

18歳くらいから下剤を飲んでいたんだとか。
なので、下痢や便秘も更年期障害の症状だと思っていたようです。

 

 

 

この時点で精密検査を受けていれば早期発見となった
可能性がありますが、行かなかったもう一つの理由が・・・
大腸内視鏡検査はつらいという理由。

 

 

 

この60代女性のお姉さんは受けていたんですが
きつくつらいという話を聞いていたので、行けなかったんです。

 

 

 

そしてそのまま放置しておいて、53歳になり更なる異変が。
毎年受けている健康診断で、血便が出ていたので再検査。
大きな病院で大腸内視鏡検査を受け、大腸がんが発覚。
そして、検査の翌月に6時間にも及ぶ手術をしました。

 

 

 

ここで問題が・・・
この60代女性の大腸がんが、直径4センチを超えていて
肛門から近いところにあり
1回目の手術ではガンを90%しか取れなかったんです。

 

 

 

ここで2つの選択肢をお医者さんから言われました。
1 がんを残して薬で治療
2 がんをとって人工肛門

という選択です、60代女性の方は後者を選びました。

 

 

 

ガンをとって人工肛門にするというのは
・ がんを周囲の直腸ごと切除
・ 短くなった腸管を腹部の穴をあけた部分に縫合

という手術なんです。

 

 

 

肛門は手術の際に閉じられてしまいます、排泄は
穴をあけたお腹からやりますので。

 

 

 

大腸がんというのは、がんの大きさが1センチになるまでは
進行が遅く約3年くらいかかるんですって。
ですが、1㎝を超えると急速な進行をするようです。

 

 

 

大腸検査は今は楽な方法もあるので、少しおかしいなと
思ったならば、検査を受けてほしいとのことです。

 

 

 

便潜血検査で注意したいこと

この潜血が、がんによっての出血なのか、固い便がでたからに
よっての出血なのか、がんではなくて炎症などによる出血なのかと
判断がなかなかつけられないんですよね。

 

 

 

おまけに大腸がんの初期の段階1センチ未満くらいですと
突起というか、腸内の壁にふくらみがないと言われてるので
潜血検査では引っかからないとも。

 

 

 

他に注意することは、検便の際に常温で保存すると
出血もないのに陰性と判断される場合があるとのこと。
汚いものではありますが、検査する前までは
冷蔵庫に保存しておくのがいいと。

 

 

 

大腸がんは極めて生存率が高いがんである

もちろん条件はあります、早期発見という条件ですね。
早く見つけて早く治療をすれば、後の生活に支障を
与えることはないとも言われてます。

 

 

 

大腸内視鏡検査は苦しいと言いますよね

大腸カメラ検査は、直径が1センチで長さが130センチの
ケーブル状のカメラを使う検査です。
この直径1センチがどれだけ苦しいのか・・やった方は
きっとわかるかと思います。

 

 

 

40代以上の女性に大腸カメラ検査を受けない理由を尋ねると
・肛門にカメラを入れられることに抵抗がある
・大腸の中を動くときに痛いのではないか?
・何も自覚症状や異常がないから放置している

という理由が多いです、気持ちがわかる・・・・

 

 

 

ですが検査をしないと、早期発見にもなりませんよね。
東野さんは受けたようですが、それほど苦痛だったという
事は言ってませんでしたね、人によってというのもあるのかな。

 

 

 

大腸カメラ検査は少しずつ苦痛が減ってきている

小暮クリニックの小暮悦子先生の大腸カメラ検査ですが
女性が検査を受けやすい体制を整えています。
スタッフ全員がすべて女性なんだそうですよ。

 

 

 

ゲストの沢田亜矢子さんの話にもありましたが、下剤を2リットルも
のんでいつ出るのかと待つのが嫌だ、と。
これも現在、下剤は改良されていて、飲みやすくなったり
飲む量も1リットルか1.5リットルで済むようにもなっているとか。

 

 

 

そしてカメラ挿入時の苦痛を減らすために、鎮静剤を
点滴して検査を行っているようです。
その隣には必ず拮抗剤も準備しているんですって。
拮抗剤というのは鎮静剤の効果を弱めて覚醒させる薬です。
良い環境ですよね、検査も受けやすそうです。

 

 

 

大腸カメラ検査でがんを発見し克服した人の証言

1人目は70代女性

69歳の時に検査を受けると大腸がんが発覚。
大腸がんのステージはこうなっています。
DSC_0033-1
ステージ2から進行がんの部類に入るんですね。
より早期発見が重要になってきます。

 

 

 

70代女性のステージは1でした、初期です。
後日腹腔鏡下手術を受け、3時間で終了し
1週間後には退院したそうです。

 

 

 

この70代女性の方は、自覚症状があったようなんです。
それで大腸がんの検査を受けることを決めたそうです。

 

 

 

その自覚症状とは軟便が半年くらい続いていたということです。

 

 

 

この原因不明の軟便や下痢というのは大腸がんの
自覚症状の一つのようなんです。
他にもこのような症状があります。
DSC_0034-1
この方は思い切って検査をして本当によかったですよね。
症状が長期間続くのは怪しいです。

 

 

 

ゲストのつるのさんは、いつも軟便だという話を
していまして、それは過敏性腸症候群というものではないかと。
大腸がんとの違いって

 

 

 

・過敏性腸症候群の場合だと、腹痛を伴い排便をすると
 痛みが治まりすっきりするケースが多い。
・大腸がんは腹痛を伴わず常に下痢や軟便というケース

 

 

 

という違いなんだそうです。

 

 

 

2人目は50代女性

この症例は手術をせずに治したという症例です。
50代女性の方、4年前に大腸がんが発覚。

 

 

 

自覚症状はというと、今までに経験した事のない
腹痛が起きたというんです、その痛みは立てないくらいに。

 

 

 

若い時から便秘体質で、今回のような
激痛を伴う便秘になった時は、市販の便秘薬を
飲んで痛みは治まり、排便も出来ましたが
2週間後に再び同じ痛みを。

 

 

 

そしてここでおかしいと思ったので、最初の異変から半月後に
大腸カメラ検査を受けると、ポリープが4つもあったんです!
その一つにがんの可能性があるポリープがあったとのこと。

 

 

 

大腸カメラには組織を切除するワイヤーがついていて、その
がんの可能性があるポリープを切除しました。
後日きちんと調べてみると、がんの可能性があった
ポリープはステージ0の大腸がんだったんです!
切除してからは何事もなく生活をしています。

 

 

 

このポリープっていうのは、メタボ体質やお酒が好きな
人ができやすい
とも言われています。

 

 

 

体の中にカメラを入れない最新の大腸検査

その検査をしているのが、国立がん研究センター中央病院
東京都中央区築地
にあります。
一体どういう検査なのかというと、大腸3D-CT検査というもの。

 

 

 

どういう風に検査をするのか?まずは検査前日に以下の食事を
とります、下剤は飲みません!
大腸検査
ゲストの沢田亜矢子さんが体験してきました。
食事の味なども特に薄かったりとかというのもないみたいで
お薬もまずいものでもなかったようです。

 

 

 

検査当日、まず大腸の動きを止める注射を打ち、それから
お腹に炭酸ガスを入れ大腸が膨らんだら開始。
検査は10分で終了。

 

 

 

凄いですね~大腸を立体的に見て、そして仮想内視鏡といって
PCの画面にCTで撮影した大腸をまるでカメラを
入れたかのように立体的に映し出されます。
これは検査が楽に受けられますよね、凄い!

 

 

 

大腸3D-CT検査の気になる料金は?

自由診療の場合ですと、56100円となっています。
予約とかになると上がったりするのかな、後は保険が
適用となっているのかどうかなど、気になる・・・

 

 

 

大腸3D-CT検査のメリットとデメリットはこれ
DSC_0036-1
まだまだこれからの検査方法ですからね、今後
改善はされていくことを期待します、以上です!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.