主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年放送分 » 健康食材をちょい足し、どのように調理しているのでしょうか

健康食材をちょい足し、どのように調理しているのでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年8月10日放送の主治医が見つかる診療所
今回は血液、血管を改善する健康食材ちょい足し法です。
お年寄りでも、お肌がツヤツヤして肥満体質でもない
年齢よりも若く見える方がいます。
どうしてそんなにも肌がきれいで
肥満体質でもないのでしょうか、それはあれを摂っているから。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

お肌がツヤツヤの理由はお酢

よく健康にいいと言われ、重宝しているお酢。
お酢の力を知るために、東京農業大学へ。
小泉幸道先生に教えてもらいます。

 

 

 

小泉先生はかた焼きそばにもお酢を使います。
しかもかなりかけています、食べているときによくむせないですね・・・

 

 

 

どうしてお酢をかけるのかというと、油の粒子を細かくする
働きがあるようで、要は脂の吸収を少なくするという事だと思います。

 

 

 

研究室へ移ります。
お酢にも種類がありまして・・・

・穀物酢
・米酢
・純米酢
・黒酢
・果物酢

など、他にもたくさんの種類のお酢があります。

 

 

 

ですが大きく分けて2種類です。
穀物酢と果実酢です。

 

 

 

なぜ体にお酢がいいのかというと、酢酸です。
これがあるから健康にいいと。
毎日15cc取るだけで健康効果の改善につながると言われてます。
大体、大さじ一杯ですね。

 

 

 

その効果はというと・・・・

1 血圧を下げる
DSC_0328
2 血液中のコレステロールと中性脂肪を下げてくれる
DSC_0329

DSC_0330
3 内臓脂肪を減らしてくれる
DSC_0331
4.9%減少したそうです。

 

 

 

気を付けたいのがお酢を取るのをやめてしまうと
元の値に戻ってしまいます、なので摂り続けないといけません。

 

 

 

肌の効果にもいいのかというと、はっきりとはわかっていないが
ひょっとしたらあるのかも・・・という感じです。

 

 

 

糖尿病の治療にも使われているそうです、愛知みずほ大学の
佐藤祐造先生が、糖尿病治療にお酢を使うように言われてます。

 

 

 

どうして勧めるのか?それはお酢のある発見をしたそうです。
運動後に、ただのお水、スポーツドリンク、スポーツドリンク+お酢を
摂取するとこのような結果に。
DSC_0332
お酢とスポーツドリンクは血糖値の上昇が緩やかですね。
血糖値の急上昇が繰り返されると、血管にダメージを与え
動脈硬化を引き起こすことがあります。

 

 

 

また白米でもこのようなデータが出ています。
DSC_0333

 

 

 

そのほかにも、お酢についてこのような効果もあります。

・疲労回復
・肩こりの改善
・唾液の分泌
・メタボ対策
・骨粗しょう症予防

お酢は漢方薬とも言われていて、漢方薬を飲むとき
お酢で飲んでいたという話もあるそうです。

 

 

 

普段の生活の中でお酢をどのように足せばいいのか?

お酢の消費が日本で一番多い、和歌山県和歌山市へ。
どうして和歌山県和歌山市はお酢の消費量が日本一なのかというと
酢飯文化の県でもあるからです。
地方によって、これだけのお寿司が作られています。
DSC_0339
ラーメン店でも、お寿司を置いていたりもします。
酢飯ですね、ラーメンと合うのかな。

 

 

 

あるお宅の食事風景を見せてもらう事に。
お昼ご飯時でしたが、サバ寿司を作っていました。
他にも、梅酢というものを作っていました。

 

 

 

砂糖と米酢を合わせて作っているそうです。
この梅酢を使って、サバ寿司を作っています、週に一度は
押し寿司を食べているそうです、また
野菜にもお酢、しょうゆなどを持ってきて(お酢+醤油でポン酢ですからね)
たくさん使っていました。
この時の食事は、サバの押し寿司に野菜というメニューでした。

 

 

 

お酢のちょい足しメニュー

続いてのお宅に訪問、ご夫婦のお宅だったんですが
旦那さんはお酢が嫌いで、奥さんは好き。
ですが奥さんはお酢の使い方に工夫しているそうです。
旦那さんの為に。

 

 

 

野菜をお酢に漬けているんですね。
ピクルスですね、酢漬けにすることで食べやすいようです。
これはおいしそうだ・・・・

 

 

 

他にも小鯛を5時間酢漬けにして、ラップにご飯と小鯛を入れ
手まり寿司を作っていました、いいアイディアですね~。

 

 

 

実は旦那さんは糖尿病を20年前に患っていました。
それからお酢を毎日取る食生活を続けたら
ヘモグロビンA1cの値が、8.5から6.8に。
標準値は6.2なので、もう少しですね。

 

 

 

続いてのお宅、どんなお酢の料理がでてくるのでしょうか。
酢飯を使ったリゾットをつくるようです。
酢飯にトマト缶を入れ、後はお鍋で混ぜ
大葉と粉チーズをたっぷりかけ、出来上がり
です。

 

 

 

サラダにかけるお酢も作ります、オリーブオイルとお酢
100%オレンジジュースとはちみつを入れて完成です。

 

 

 

食後には自家製の梅酢を使ってデザートを作ります。
なんとカキ氷を作るようです、こりを削り
その上に梅酢をかけます、これが美味しいみたいですよ。

 

 

 

主治医のお酢のちょい足し法

南雲先生は、酢昆布の即席漬け。
キャベツ数枚、塩昆布、お酢大さじ2杯を袋に入れてもみこんで出来上がり。

秋津先生
牛乳200ccにお酢大さじ1杯を入れて出来上がり

丁先生
納豆にお酢を入れてかき混ぜる、ねばねばが増えて食べやすいそうです。
更に大根おろしを入れると美味しいそうですよ。

 

 

 

オメガ3をたっぷり含んだちょい足し食材って!?

今話題のオメガ3脂肪酸、エゴマ油や亜麻仁油で有名ですよね。
だけどこれ以外にも簡単に取れるものはないかなって
個人的には思ったりするんですよね。

 

 

 

オイルのスペシャリストに話を聞くことに。
慶應義塾大学の井上浩義先生です。

 

 

 

先生の一押しはクルミだそうです、井上先生は
オイル博士でもあり、ナッツ博士でもあるんです。
ナッツは5大栄養素がすべて含まれているとのこと。

 

 

 

井上先生は煮物にクルミを入れたり、砕いたピスタチオを
卵焼きに入れたり、ふりかけにもアーモンドと
じゃこを細かく刻み、抹茶と岩塩を混ぜたふりかけです。

 

 

 

毎日食べるにはクルミがベストかとおっしゃっていました。
青魚を毎日食べるのは大変ですからね・・・
クルミの食べる量は1日25gでいいそうです。

 

 

 

どのようにしてクルミを取り入れればいいのか?

長野県にある東御市へ。
この東信地区は、クルミの生産地としても有名だそうです。
道の駅にはクルミ商品がたくさん。

 

 

 

という事で東御市の方は、クルミを毎日食べていると思う
ので話を聞いてみることに。

 

 

 

あるお宅へお邪魔して、昼食でクルミを使う料理を
作ってもらう事に、地元の方はクルミを炒ってきざむようです。
いつでも使えるように。

 

 

 

すり鉢でクルミを砕き、そこへ味噌を入れて混ぜたら
クルミ味噌の出来上がり、他にもクルミ入り鶏肉の肉団子を
作ったりもしています。

 

 

 

他にもクルミの即席漬け、いわゆる浅漬けですね。
クルミとキュウリと大根の浅漬けです。
他には、クルミをとろろに入れた、クルミとろろ。
いなり寿司にも、クルミを入れてました。

これで昼食の完成です。
色んな料理に使われていましたね~

 

 

 

またクルミなどのナッツ類を毎日食べていると
糖尿病患者の空腹時の血糖値とヘモグロビンA1cの値が下がって
血糖のコントロールがよくなったと。
これはクルミが食物繊維を多く含んでいる
クルミのマグネシウムが、インスリンという
血糖値を下げるホルモンの働きをよくする
、と考えられています。

 

 

 

主治医のちょい足し法は
姫野先生はカレーにクルミを入れる
秋津先生は炊き込みご飯に入れる、この炊き込みご飯のレシピは
米2合、チャーシュー120g、人参2分の1本
中華スープ400cc、醤油少々、クルミ適量、炊き上がってからクルミを入れ
1時間ほど蒸らせば完成
です。

という事をやられているようです。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.