主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年7月放送分 » ミモレットとパルミジャニーノチーズで作る料理

ミモレットとパルミジャニーノチーズで作る料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


7月17日放送の解決スイッチ、今週もチーズを使った特集。
今回はどういうチーズを使うのかというと
ミモレットとパルミジャーノというチーズです。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ミモレットチーズとは?

フランスの北部が原産地、熟成中にミモレットチーズの表面に
ダニが生息して、そのダニがカビを食べて、より熟成を進めるのです。
もちろんダニがいてる表面の部分は食べる時には取り除かれています。

 

 

 

なぜチーズの香りはきついのか?

これに関わるのが熟成期間、きついというのは味でいうと苦いや
香りでいうと臭い、というのがきついという事です。
熟成期間が短ければ、匂いや味もそれほどきつくないですが
それが長期ともなると、アミノ酸が増えてうまみが増え、クセが出ると。

 

 

 

チーズ入りハンバーグ

材料がこちら。
DSC_0279
作り方
1 鶏の挽肉、玉ねぎ、味噌、酒、醤油、オリーブオイル、卵を入れ混ぜる
なぜ鶏肉かというのは、牛や豚に比べクセが少ないため
また、チーズの香りを引き立てる
2 ある程度混ぜてから塩を入れる
3 次にチーズを入れる、プロセスチーズとミモレットを用意。
  先にプロセスチーズを入れて混ぜ、ミモレットは細かく削り
  タネ全体になじませる。
4 常温で30分寝かせる
5 フライパンに火をつける前に油を入れよく温める
6 小さめに作り、両面に火を通し、中火で約五分蒸らせばOK
  タネに火が通ったら、火を止めましょう。
7 火を止めたフライパンの上で大根をすります
  それで大根にも余熱の火が入り、汁も食べられる
  大根には消化酵素が含まれています、ただ余熱といえど
  熱に弱いから消化酵素の数という事に関しては
  期待が出来ないかと思いますが・・・
8 さらにポン酢を加えて完成。

DSC_0281

 

 

 

草野便が到着

中に入っていたものは
・ゴーダチーズ
・ロマーノプラデラチーズ

2つ入っていました。
ロマーノプラデラは、ゴーダチーズを数年熟成させたものです。

 

 

 

ゴーダチーズとは?

ナチュラルチーズで、日本人が一番好きなチーズと言われてます。
オランダを代表するチーズで、クセのないまろやかな風味が特徴。

 

 

 

ロマーノプラデラチーズとは?

ゴーダチーズよりも熟成が5倍から6倍かかっているようです
熟成期間は数年以上と言われてます。
味はというと、香りが強いようです、じゃりっとした
感触があったようですが、熟成の過程でできたアミノ酸だそうです。

 

 

 

小松菜のおひたしチーズ添え

材料です。
DSC_0280
作り方
1 小松菜をゆでる、茹でる時は軸に十字の切込みを入れる
  火の通りがよくなり、お湯は沸騰しない程度に調節して
  そこへ軸の方から入れます。
2 小松菜全体を鍋に入れたら、葉の部分がしなっとなったら取り出す
3 すぐに氷水に入れてあら熱を取り、小松菜の水気を切る
4 食べやすい大きさにカット、和風だしにさっとくぐらせ味をなじませる
5 その上からパルミジャーノチーズを削りかけ完成

DSC_0282

 

 

 

以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.