主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫

主治医が見つかる診療所の過去の放送内容の記事を掲載しています、よろしければご覧ください

主治医が見つかる診療所、過去の放送内容記事倉庫 » 2015年放送分 » バレット食道があると食道がん発症率が11倍にあがる

バレット食道があると食道がん発症率が11倍にあがる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6月22日放送の主治医が見つかる診療所、人間ドックSP

食道がんの危険性あり 4位は徳光正光さん

徳光正光さんの食生活をチェック
その前に、今年の一月に離婚してたんですね(笑)

 

 

 

ある日の朝食は、納豆、ツナ缶、青のり、生卵を
全部かき混ぜて食べると。
炭酸水を一緒に飲んでいるようです。

 

 

 

朝食後は筋トレをしています、自宅でしていたり
ジムでも鍛えたりしているとのこと。

 

 

 

ある日の夕食、友人と2人で夕食をし、お酒をガンガン飲み
タバコをすい、脂っこい食べ物を食べていました。
そしてシメの定番はラーメンです。

 

 

 

本人は鍛えれば何とかなると思っているので
遠慮なく食べております(笑)
お酒の量は

・ハイボール4杯
・焼酎2杯

とのことでした、夕食後には女の子のいるお店へ
ほぼ毎晩通ってるって・・・(笑)
深夜3時半で宴は終了とのことでした。

 

 

 

バレット食道が食道がんを引き起こす可能性が

胃カメラの検査で発覚しました、バレット食道って
胃の入り口の所がただれたようになっています。
粘膜がただれているとでもいうのでしょうか。

 

 

 

逆流性食道炎が悪化して、起こると言われてます。
これが将来食道がんになると言われていて
食道がんになるリスクが11倍に跳ね上がります。

 

 

 

近年増加傾向にある病で、おまけにバレット食道は
一度なってしまうと治りません。
おまけに徳光さんは、危険な飲み物を飲んでいます。
それは炭酸水。

 

 

 

炭酸を飲むとげっぷをして、それで胃酸を微量では
ありますが出します、それがバレット食道にあたり
悪化させてしまいます。
対処法は、投薬治療と炭酸を控える事。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
.